やめた方がいいアンダーヘアの処理方法とは

2016.3.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

やめた方がいいアンダーヘアの処理方法には、毛抜きでの処理があります。自己処理をするには、時間がかかりすぎます。1本1本のムダ毛を抜いていく処理ですから、ムダ毛処理に膨大な時間がかかるので、やめたほうがいいです。皮膚がとてもデリケートな場所ですから、刺激で肌トラブルを起こしやすくなります。

抜けにくいムダ毛もありますし、引っ張って無理に抜くので、途中で切れてしまうこともあります。毛抜きは埋没毛のリスクが、とても高い処理方法でもあります。毛抜きを使用した処理は、とにかく痛みが強いのもデメリットです。アンダーヘアは手の届かないところもありますから、毛抜きでは処理は困難です。

やめた方がいいアンダーヘアの処理方法として、カミソリで剃る行為もあります。手が滑って思いもよらない方向に刃が滑ってしまえば、皮膚を傷つけることにもなります。皮膚が薄くて敏感な場所ですから、痛みも続きますし、傷も治りにくいです。

いつまでも同じカミソリを使用するのも問題であり、バイキンがついた不衛生なカミソリを使用していると、肌にはトラブルが起こりやすくなります。何回も使って錆びていたり、刃の切れ味も悪いと、シェービングをした時に皮膚に傷をつけやすくなります。ビューティー24

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。