埋もれ毛を改善する方法

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

埋もれ毛はムダ毛の自己処理をすることで、皮膚が傷つき毛穴が塞がる症状で、何度も繰り返していると炎症を起こすこともあります。埋没毛とも呼ばれる埋もれ毛の原因は、カミソリや毛抜き、ワックスを使用して無理に毛を抜くことで起こります。皮膚表面の毛だけを切ることになるため、毛根を残したまま毛穴が傷つき、かさぶたがフタとなって毛穴を塞ぐことで肌の中に埋もれたまま毛が成長します。この状態では無理にピンセットなどでほじくり出そうとすると、余計に肌が傷つき炎症を起こして黒ずんでしまうこともあるので、他の改善方法を試す方が良いでしょう。皮膚によって塞がっているので、埋もれ毛が出来た場合は、ピーリング効果のあるものを使って角質を落とすと解消できます。できればボディスクラブのような摩擦効果の強いものではなく、ローションのような肌にやさしいタイプが良いです。角質を落としたあとは、しっかりと保湿をすることを忘れないようにします。埋もれ毛の改善には、エステサロンなどで施術する脱毛方法を利用すると、毛根までダメージを与えるので、毛穴を塞ぐことなくムダ毛を処理できます。また自己処理で埋もれ毛を回避するには、除毛クリームのような毛穴のダメージが少ないものを選びましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。