色素沈着の悩みと脱毛

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自己処理を繰り返していると、いつの間にか色素沈着を起こしているケースがあります。色素沈着が起こるのはメラニンの生成量が増えて排出が追いつかなくなるからであり、生成量が増えるのは肌が何らかの刺激を受けて防御反応を働かせるからです。
一度色素沈着を起こしてしまったら、自己処理はより慎重に行わなければなりません。ちょっとした刺激でメラニンの生成量が増えて、より濃い沈着が起こってしまうからです。ターンオーバーの働きにより改善される程度なら時間の経過と共に消えていっているはずですので、消えないということは自己処理によるダメージがかなり大きいということです。
改善させるには、やはりサロンで脱毛を受けてしまった方が安心です。サロンではプロの手による施術を受けることができますし、行われている特殊な光を用いた施術は肌に優しいと評判です。照射される光はムダ毛の黒いメラニン色素にだけ反応しますので周辺の皮膚を傷つけませんし、肌中のコラーゲン生成量を増やして潤いが蘇ります。自己処理によって傷ついた肌の修復も可能であり、色素沈着や毛穴の開きを改善することができます。施術を終えた後はお手入れが必要なくなりますのでとても楽です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。