サロン脱毛の代表的な処理方法

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

サロン脱毛では光を使ってムダ毛を処理します。光と言うとシミ治療などで用いるレーザーを思い浮かべるかもしれません。脱毛で使う光はそれとは違います。つまりかさぶたになるような強い光は使いません。黒い色に熱ダメージを与える光を用いますが、予め照射部位の毛は剃っておくので反応するのは肌内部の毛根だけ。そのためやけどなどの肌トラブルの心配はほとんどありません。もちろんその部位に色素沈着やシミ、ホクロなどがある場合、そこで保護シールなどで覆っての照射など何らかの策が講じられることになります。
IPL法、もしくはS.S.C.法を用いるサロンが多いようです。どちらも光を照射することで、お手入れを進めます。具体的には予め照射部位を自分でシェービングしておきます。そして当日、施術着に着替えてスタッフに支持されたところで待機。剃り残しがないか確認後、問題ないなら照射部にジェルを塗られてサングラスのようなゴーグルをしていざ照射となります。それが終わるとジェルを拭き取って冷却、その後は保湿ローションなどを塗って終了となります。照射前のジェルに関しては、マシンの特性上カットされるサロンもありますが、照射後に冷やして保湿というのはどのサロンでも行われるようです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。