ムダ毛の処理方法の選び方

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

全身どこの部位でも同じ方法でムダ毛の自己処理をしてしまうと、肌が荒れてしまったり強い痛みを感じる可能性がありますので、部位ごとに少し変えるようにしたほうがいいです。例えば、両脇などの自己処理の場合、ワックスやテープによって一気に抜く方法を選ぶ方も多いですが、脇は皮膚が薄いので剥がす時に角質まで一緒に剥がれてしまい、真っ赤になってしまうことも少なくありません。部位としても処理が少し難しいところでもあるため、抜く方法であれば毛抜きや脱毛器を使用したほうが綺麗になります。背中や腰にはクリームタイプのものを使用したほうが安心です。背中などの手が届きにくい部位は当然カミソリなどを使うわけにはいきませんし、毛抜きで抜くのも困難です。クリームであれば手が届く範囲に塗ることができますので、処理しやすいです。両脚や両腕ですと、どのタイプのアイテムを使用してもそれほど問題はありませんが、カミソリなどで剃る場合は角質も一緒に削ぎ落としてしまって炎症になることもありますから、シェーバーのほうが安心して使用できます。このように、部位ごとに処理の仕方を変えるようにすることで、肌への負担も少なくなるので、是非試してみてください。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。