埋没毛の悩みと脱毛

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

カミソリなどを使ってムダ毛を処理するのは手軽な反面、肌トラブルが起こりやすくなります。
その1つに挙げられるのが、本来成長してくるべき毛が皮膚の下までしか生えられなくなる埋没毛です。
成長が止まるわけではないので、同じ場所でぐるぐると育ち、まるでホクロのように見えることもあります。
この埋没毛が発生するのは、カミソリで皮膚まで削り取ってしまい、そのダメージを修復しようとして毛の成長よりも早くかさぶたができてしまうからです。
体に害があるわけではないですが、見た目がよいとは言えない状態になってしまうのが欠点です。
通常はそのままにしていても肌のターンオーバーが行われることで、外へと出てきますが、厄介なのは体質的にできやすい人も存在するということでしょう。
そういう人は、これからカミソリや毛抜きなどでの自己処理を続ける限り、ずっとその症状に悩まされることになるわけです。
もし早く治したくて爪などで毛をほじくってしまうと、その際のダメージにより色素沈着として残る可能性もあります。
このような肌質の人は、埋没毛から肌を守るためにサロンにて脱毛を受けるとよいでしょう。
トラブルが起きているときは施術ができない場合もありますが、納得して受けられるまで色々確認しておくと安心です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。