気になるムダ毛、自己処理をした際の失敗談

2016.3.24|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ムダ毛の処理をするときに、一番見た目をキレイにできるのはカミソリです。鋭い刃で撫でるように剃れば、ほとんど残りなく剃り上げることができますからね。しかし、カミソリのムダ毛処理は失敗することも多いです。むき出しの刃で剃るわけですから、少しでも手をすべらせるとキズを作ってしまいます。普段は服に隠れている場所なら痛いだけですみますが、どうしても隠しようのない場所だと、周囲に余計な心配をかけてしまうこともあります。また、カミソリは切れ味がいいだけに、それだけ肌にダメージを与えてしまいます。キレイな見た目にするために剃ったにも関わらず、結局は肌荒れの原因になってしまっては本末転倒です。このあたりの加減が難しいところで、キズや肌へのダメージを嫌ってソフトに剃ってしまうと、うまく剃りきれずに、そり残しや毛穴の目立ちにつながってしまいます。対策として、まず剃るときには、弱い力で簡単に剃れるカミソリを選ぶことや、肌に優しいシェービングフォームを選ぶことです。肌へのダメージを極力わずかなものにする工夫です。さらに、ムダ毛処理をした後にはしっかりとアフターケアをすることです。ここで失敗するかしないかがわかれるでしょう。ビューティー23

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。