毛質による脱毛回数の違い

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

脱毛は、部位によっても施術回数が変わってくるものです。というのも、人の体の毛にはさまざまなタイプがあり、太くて濃いものから産毛のような毛質まであります。部位によって出力を変えたり機種を使い分けたりしている店舗もありますが、どうしても完了するまでの期間はそれぞれ変わってきてしまいます。
脇やVライン、男性のヒゲなどの太くて濃い毛質であれば、根深いために回数は多めになってしまいがちです。しかし、背中や腹、太もものように産毛のような毛質の方がより回数が多くなってしまうのです。メラニン色素でもある黒い色に反応する光を使用しているため、色の薄い産毛には反応しにくいという特徴があります。何度も施術を受けることで少しずつ作用して行きますが、濃い毛質以上に薄い毛質は時間がかかります。
エステサロンで行われている施術は、手ごろな料金でありながらも美容皮膚科で行われているレーザーを使用した施術に比べるとどうしても回数が必要になります。期間で言えば一年や二年といった長期的なものですが、早くムダ毛を何とかしたいという部分だけは産毛に対しても比較的効果を得ることができる美容皮膚科で受けてみるというのも賢い方法です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。