家庭用脱毛器のデメリット:打ち漏れしやすい

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

現在、人気となっているのが、エステや脱毛サロンで行われている光脱毛を自宅で手軽に行う事が出来る、家庭用脱毛器です。
全身脱毛も可能な脱毛器もあり、脱毛サロンに通う時間がない人でも、いつでも手軽に脱毛が出来る事で人気となっています。
このタイプの脱毛器は、肌に光を照射して、ムダ毛が生えてこない状態を作っていくのですが、この際、打ち漏れをしてしまう可能性がある事が、デメリットとされています。
脱毛サロンの場合、ベッドに横になって動かない人に対して、プロが照射をしていく事になります。
しっかりと確認をしながら照射をしていくので、打ち漏れの可能性は低くなります。
それに対して、自らの肌に照射をしていくというのは、照射に合わせて体を動かす事も多く、照射をした範囲が分からなくなってしまう可能性があります。
更に、腕の裏側、太ももの裏側等、目で見て確認しにくい部分に対しては、上手く照射が出来ない状態になってしまう可能性もあります。
それだけに、打ち漏れが起きてしまう可能性は高くなりますが、脱毛器は家でいつでも使う事が出来るので、漏れている部分がある事に気づけば、すぐにそこだけ照射する事が可能というメリットもあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。