家庭用脱毛器のデメリット:サロンよりはパワーが弱い

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ムダ毛処理の手段として、脱毛することを考えている方にとって、家庭用の脱毛器はおのずと選択肢に入ってくるものかもしれません。
確かに、自宅で好きなときに使えて、サロンまで行く手間と時間がかからないというのはメリットといえるでしょう。
しかし、家庭用脱毛器は自分の責任で自分で購入して使用するわけですから、処理能力が気に入らなくてもトラブルが起こっても、ある程度自己責任だということは理解しておかなくてはいけません。
そんなデメリットの一つとして、やはりどうしてもサロンの脱毛器よりパワーが弱いということがあげられます。
小型ですし、全くの素人が扱うわけですから、勿論サロンと同様の出力というわけにはいかないのです。
ですから、何回照射しても何の変化も感じられなかったり、毛が抜けないのに肌が荒れるなどというトラブルが起こることも考えられます。
特に、手足などの細く柔らかい毛に関しては、小型の脱毛器ではあまり効果は期待できないようですね。
この部位は、パワーの強いサロンの機械で脱毛しても結構時間がかかるのです。
わきやVIOなどの固く太い毛だとある程度効果が出るようですが、肌トラブルに関してはセルフケアが必要になります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。