医療脱毛の代表的な処理方法

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

クリニックや病院で行う医療脱毛の代表的な処理方法と言えば、医療用のレーザーを使った医療レーザー脱毛がたいへん有名です。1980年代は、医療針を使ったニードル脱毛法が主流でしたが、痛みが強いことに加えて処理に時間がかかる為その分費用も高額になり、脱毛を途中で諦めてしまう人も多くいました。1990年になると医療レーザー脱毛が開発され、一度に広い範囲の施術ができることと痛みが十分我慢ができる範囲であったので、急速に普及していきました。しかしムダ毛の一本一本を目で確認しながら確実に脱毛ができるニードル脱毛は、行う医療機関が減ったとは言え、今でも繊細なデザインが要求される男性のひげや襟足の脱毛に使用されています。広い範囲は医療レーザー脱毛で行い、完全に取りきれない部分はニードル脱毛でピンポイントに脱毛をすると言った方法を行う病院もあります。
医療レーザー脱毛は、ムダ毛の黒色メラニン色素にのみ反応してダメージを与えるレーザーを用いるので、周辺の皮膚組織にはほとんど影響を与えません。ですので、非常に安全性の高いことでも知られていますが、メラニン色素に反応して熱を発生させる際にごく稀に軽い火傷や赤みが起こるケースがあります。しかし医療脱毛をしておけば、医師による治療が受けられ、すぐに薬が処方されるのでとても安心です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。