永久脱毛の効果と痛み

2015.12.18|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

脱毛にはさまざまな方法がありますが、永久脱毛をするには医療レーザー脱毛を受ける必要があります。これは、美容皮膚科などの医師のいる場所でのみ行うことが許可されているものであり、脱毛サロンで行うことは違法となってしまいます。
レーザーを使用した脱毛は、サロン脱毛で使用されている光と違って毛の生える組織を壊すことができます。よって、毛を作る力がないので生えてこないというメカニズムになります。一回ごとに高い効果がある脱毛法ですが、非常に強い光であることから痛みが発することもあります。レーザーの光はメラニン色素でもある黒い色に反応させるため、肌の表面に黒いものがあれば痛さを感じることがあります。施術前にはしっかりと除毛しておくよう指導を受けますが、剃り残しだけでなくほくろや濃い色のあざやしみ、タトゥーなどは避けて行われます。しかし、Oラインなどの全体的に色素が沈着している部分に関しては麻酔も用意されているのが医療機関ならではのサービスです。クリームタイプで塗るだけなので注射針を刺すこともなく、痛くなった時に処置してもらうこともできますが、事前に痛くなりそうな部分には先に処置してもらうことも可能です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。